【ダークな世界観】ガールズマスロックバンド『rillrail』

紹介
スポンサーリンク

プロフィール

バンド名:rillrail

個人名:

  • fumiko(Vo.Gt)
  • usako(Gt.Cho)
  • mayu(Key)

結成:2019年

活動場所:福岡

バンド名の由来

前置き

昨年、ツイッターで見かけてドハマりした福岡発のガールズバンド

『rillrail』

  • エモ
  • ポストロック
  • マスロック
  • エレクトロニカ
  • オルタナティブ
  • 残響系

が好きな人、特に【変拍子】が好きな人にはかなり刺さると思うので、ぜひこの機会にrillrailをおすすめしたいと思う。

変拍子の”闇”世界

「カルテット」

rillrail「カルテット」Music Video
rillrail「カルテット」Music Video

初めて聴いたとき「とんでもないバンドと出会ってしまった」と思った。

独特なドラムのリズムパターンから始まるこの楽曲。

作曲を担当しているusakoがこのバンドの核で、現在aintというバンドと掛け持ちでやっているのだが、とにかくギターが上手い。

「カルテット」ではBメロでその技術が爆発している。

変拍子を取り入れた複雑な楽曲とそれを可能にする高い演奏力、fumikoの物語性のある歌詞がrillrailの武器である【ダークな世界観】を演出している

この曲は”サビ”と断言できる部分はないのだが、逆に言えばそれがこの曲の一番の強みで、高い演奏力だからこそどの部分もサビと言えるほどかっこいい。


*個人的な考察でもあるのだが、MVにおける4人組(カルテット)という設定や、この曲が5拍子、6拍子で構成されているという点がどことなくBUMP OF CHICKENの「三ツ星カルテット」に影響を受けているのかなと感じた。

Hortensia

Hortensia
Hortensia

Hortensiaは日本語で「紫陽花」という意味。

「カルテット」と同じく5拍子、6拍子で構成されている曲。

やはりこのバンドはギターのusakoが作り上げる【ダークな世界観】に、ボーカルとキーボードで【幻想的な要素】を加えているバランスが抜群だ。

ポストロックやマスロック特有の【ダークな世界観】に一つ【幻想的な要素】を加えることで楽曲に深みが出るし、バンドとしての色もはっきりと浮かび上がる。

イントロや間奏では主張の激しいギターのアクセントで曲にエッジを生み出しつつも、サビではゆったりとしたまとまりのあるメロディになる。

rillrailのバンドとしてのバランスを表したような見事な楽曲だ。

sifflet

rillrail「sifflet」Music Video
rillrail「sifflet」Music Video

こういうマスロックバンドは演奏力の方に目が行きがちだが、ハイトーンが映えるボーカルの艶っぽい歌声は注目すべきかもしれない。

透明感がありつつもどこか影のある表現力は唯一無二だろう。

最新曲「sifflet」でもバンドの武器である【ダークな世界観】を前面に押し出した楽曲になっている。

総括

いかがだっただろうか?

ガールズマスロックバンドはマスロック界隈でもかなり珍しいポジションだ。

その分需要はあるし、tricotやparanoid voidに続いてほしい。

rillrailのこれからの活躍に期待したい。

(文:つちへん)

タイトルとURLをコピーしました