関ジャムで紹介!!”楽曲派アイドル”sora tob sakanaのプロフィール・オススメ楽曲5選

感想・レビュー
スポンサーリンク

sora tob sakana

アイドルの中でも『楽曲』に強いこだわりを持つアイドルのことを”楽曲派アイドル”と呼ぶ。

その”楽曲派アイドル”として常に高い評価を受け、進化を続けているのがsora tob sakanaだ。

近年ではアニメのタイアップや音楽番組「熱波」(現在は放送終了)のアシスタント、NHK「シブヤノオト」の出演とメディア露出も増えてきている。

さらに4月26日放送の「関ジャム」のアイドル特集でMaison book girl(通称:ブクガ)やフィロソフィーのダンス(通称:フィロのス)らと共に”楽曲派アイドル”として紹介されるなど、さらに注目が高まる予想がされるsora tob sakana

今回はそんな彼女たちの魅力を紹介していこうと思う。

プロフィール

sora tob sakana(通称:オサカナ)は2014年に結成。

所属事務所はテアトルアカデミー、運営・制作は株式会社Zi:zooの「Flying Penguin Records」
2018年からレーベルをワーナー ブラザース ジャパンに移籍させている。

幾度かのメンバーチェンジの末しばらくは4人組で活動していたが、2019年5月に風間玲マライカの脱退後の現在は3人組として活動を続けている。

メンバー

名前:寺口 夏花(てらぐち なつか)

愛称:なっちゃん

メンバーカラー:赤

名前:神崎 風花(かんざき ふうか)

愛称:ふぅちゃん

メンバーカラー:緑

名前:山崎 愛(やまざき まな)

愛称:まなちゃん

メンバーカラー:ピンク

楽曲の魅力

メンバーのアイドルとしてのルックスの評価もさることながら、sora tob sakanaが評価されるのは【独自の世界観を纏った高度な楽曲】にある

アイドルとしては珍しくポストロック・マスロック・エレクトロニカを基調とした楽曲が特徴で、変拍子やトリッキーなビートを用いた複雑なリズムエレクトロニカが醸し出す優美なメロディが真似できない独自の世界観を生み出している。

アイドルファンのみならず、アイドルのことをあまり知らない音楽ファンまで虜にするその中毒性の高さが”楽曲派アイドル”と呼ばれる所以だ。

この高度な楽曲を作っているプロデューサーが照井順政(ハイスイノナサ、siraph)という人物。

ハイスイノナサ"地下鉄の動態" (haisuinonasa"Dynamics of the Subway")

アイドルの持つ可愛らしさと自身のバンドで培った無機質なポストロックサウンドを上手く組み合わせ、唯一無二のアイドルソングに昇華させている。

広告の街(sora tob sakana)演奏動画
広告の街(sora tob sakana)演奏動画

関ジャム」で紹介された「広告の街」の演奏動画。

演奏メンバー

  • 照井順政(gt)
  • 松川真也(gt)
  • 照井敦政(ba)
  • 鎌野愛(key)
  • 森谷一貴(key)
  • GOTO(dr)

「関ジャム」放送後には取り上げられた「広告の街」の演奏動画を募集する【#オサカナを弾いてみた】を実施した。


照井順政はsora tob sakanaだけではなく私立恵比寿中学(「春の嵐」)やYURiKA(「鏡面の波」「Dive into the colors」)などにも楽曲提供をしている。

次のページではsora tob sakanaの楽曲を紹介していく。

タイトルとURLをコピーしました