【名曲揃い】sora tob sakanaのシングル・アルバム曲紹介

感想・レビュー
スポンサーリンク

前置き

こちらの記事で”楽曲派アイドル”と称されるsora tob sakanaのメインとなる楽曲を5曲紹介したのだが、それ以外のカップリング・アルバム曲などもsora tob sakanaを彩る素敵な楽曲が揃っている。

なのでこの記事では紹介できなかったMVにもなっている楽曲や発売されているシングル、ミニアルバム、アルバムを【一言メモ】を添えて紹介していく。

MV

「魔法の言葉」

sora tob sakana/魔法の言葉(MV)
sora tob sakana/魔法の言葉(MV)

【一言メモ】

ピコピコ感が耳に残るアイドルらしい曲。
拙いながらも一生懸命に唄う姿勢がグッとくる。
瞬間的な音にリンクするMVの映像の切り替えが視覚的な音楽の楽しさを与えてくれる。

夏の扉

sora tob sakana/夏の扉(MV)
sora tob sakana/夏の扉(MV)

【一言メモ】

激しいドラムとフィルムで撮影したような淡いMVが夏の思い出を思い起こさせる。
「君」と「僕」が登場するストーリー性のある歌詞にも注目してほしい。

Lightpool

sora tob sakana/Lightpool(Full)
sora tob sakana/Lightpool(Full)

【一言メモ】

メジャーデビュー第一弾のMV。
演奏に押されがちだったインディーズ時代とは違い、ボーカリストとしての成長が感じられる。
成長した彼女たちの表現力と楽曲、映像の美しさとクオリティに思わず息を呑んでしまう。

Lightpool

sora tob sakana/Lighthouse(Full)
sora tob sakana/Lighthouse(Full)

【一言メモ】

壮大なバックミュージックに呼応するかのように、個性が重なった綺麗なユニゾンが響き渡る。
楽曲に合わせて一枚の絵が完成する行程を様子を見せる特殊なMV。
次第に光が描かれ明るくなっていく絵は曲の明るさともリンクしている。

knock!knock!

sora tob sakana/knock!knock! (Full)
sora tob sakana/knock!knock! (Full)

【一言メモ】

「新しい扉を開く」という意味でのタイトルに、歌詞は架空の旅行プランを意識して「」が付けられた一番と、それを別視点から見る二番の批判的な要素のある表裏がある曲になっている。
サビ前の民俗音楽に似たドロップもクセになる。

sora tob sakanaのCD・音源購入はコチラから


次のページではsora tob sakanaが発売しているシングル、ミニアルバムを紹介。

タイトルとURLをコピーしました