ばってん少女隊が結成5周年を前にキャッチフレーズをリニューアル!!

紹介
スポンサーリンク

2020年6月8日(月)

【祝結成5周年】新キャッチフレーズができました!【ばってん少女隊】

6月8日(月)にばってん少女隊が自身のYouTubeチャンネルで公開した動画「【祝結成5周年】新キャッチフレーズができました!【ばってん少女隊】」にて、メンバーのキャッチフレーズをリニューアルしたことを発表した。

ばってん少女隊はスターダストプロモーションに所属する5人組アイドルグループ。【スターダストプロモーション100年に1組の逸材】というキャッチコピーを掲げ2015年に福岡を拠点に結成。
ロック・スカを中心とした楽曲と九州弁が混じったポップでキュートな歌詞が特徴で、2016年には「ドラゴンボール超」のEDになり話題を集めた。
2018年からはロックなダンスミュージックに特化した「BDM(BATTEN✖DANCE✖MUSIC)」という新たな音楽ジャンルを立ち上げ精力的に活動している。

今回の発表はメンバーが5人になったこと自主レーベルの立ち上げなど環境の変化に合わせ、グループ結成5周年を迎える6月21日を前に活動当初から自己紹介などで披露していたキャッチフレーズの変更と新たに各ポジションの任命が初披露された。

変更は以下の通り


希山愛
(ポジション:ダンスリーダー)

前キャッチフレーズ「ラブリーハスキー」

「お芋を訪ねて三千里」


上田理子
(ポジション:MC担当)

前キャッチフレーズ「黒帯のキラースマイル」

「空手は黒帯、喋りは白帯」


春乃きいな
(ポジション:広報担当)

前キャッチフレーズ「100万ドルの笑顔」

「成功するまで実家に帰りません!」


瀬田さくら
(ポジション:九州食文化愛好会 会長)

前キャッチフレーズ「ミラクルさくらんぼ」

「九州食文化愛好会会長」


星野蒼良
(ポジション:風紀委員)

前キャッチフレーズ「小さな怪獣」

ホークスと読書が大好き


それぞれのメンバーの趣味や特徴を盛り込んだキャッチフレーズに変更された。

動画の最後にはリーダーの上田理子が「たくさんの方に知ってもらえるように頑張っていきます!」とこれからの活動への抱負を語った。

(文:つちへん)

タイトルとURLをコピーしました